なぜインソールを使うのか?

ホシノのインソールは足の骨格を補正するためのものです。

B+インソールの特徴

足を補正するためのインソールです。

“ゼロ・ドロップ”のインソールです。

つま先のフラット部分とカカトのフラット部分の厚みが同じなので、靴内の高低差が変わったりカカトが浅くなったりしません。

靴の設計を生かす形状と素材。靴とインソールのフィッティングを大切にしています。

靴はさまざまな用途別に設計されています。特に靴の内側と底面の形状には注意が必要です。
B+インソールは靴の設計、機能を正しく生かしながら靴との共同作業で足をサポートします。

図. 靴とインソールの土踏まず付近の断面

B+インソールの特徴B+インソールはサイズ選択の基準が明確詳しくあなたの足をみてもらいましょう

B+インソールはサイズ選択の基準が明確

  1. まず足の実測値を測りましょう。

    カカトからつま先までの足の長さ(実測値)を測ってください。

    ※必ず立った状態で、両足均等荷重で行ってください。

  2. 足の実測値とインソールサイズを合わせる目安。

    「実測の足長が25.0〜26.0cmの方はMサイズのインソールを選んでください」ということを表示しています。

  3. B+インソールに足をのせてみましょう。

    “自分の足のアーチ長”とインソールの“アーチサポートの長さ”を合わせて確認してください。

  4. B+インソールを靴に合わせましょう。

    同じアーチ長を持つ人々が2〜3サイズの違う靴を履いている例が多くあります。}
    同じサイズのインソールを選んで、靴にはじめから入っていたインソールの大きさに合わせて先端部をカットする必要があります。そのためにはインソール先端部に十分な“カットしろ” がなければなりません。

足の実測値が同じでも、足のタイプはいろいろです。

サイズ選びの例 B+インソールのサイズ選択は靴のサイズとは関係しません。

印の拇趾球とインソールのアーチサポートの位置が合わないサイズを選ぶと正しいサポートが得られず、障害の原因になることがあります。

B+インソールの特徴B+インソールはサイズ選択の基準が明確詳しくあなたの足をみてもらいましょう

詳しくあなたの足をみてもらいましょう